次世代住宅ポイント対象証明書発行業務

  1. HOME
  2. 次世代住宅ポイント対象証明書発行業務

業務規程・業務約款

書式ダウンロード

手数料

一戸建ての住宅

(単位:円)

判定基準 料金(消費税別)
①断熱等性能等級4(開口部比率等※) 20,000
②断熱等性能等級4(外皮計算) 25,000
③一次エネルギー消費量等級4以上 30,000
④劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上 20,000
⑤耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は免震建築物 30,000
⑥高齢者等配慮対策等級3以上 20,000

共同住宅等

※表中のMは依頼戸数。(単位:円)

判定基準 料金(消費税別)
①断熱等性能等級4(開口部比率等) 20,000×M
②断熱等性能等級4(外皮計算) 25,000×M
③一次エネルギー消費量等級4以上 35,000×M
④劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上 30,000×M
⑤耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は免震建築物 別途見積り
⑥高齢者等配慮対策等級3以上 30,000×M

※「開口部比率等」とは、開口部比率計算の他、「当該住戸の外皮の部位の面積等を用いずに外皮性能を評価する方法に基づく計算」をいう。

  • 併用住宅の料金は、「一戸建ての住宅」と同額とする。
  • 変更次世代住宅ポイント対象住宅適合審査を依頼する場合の料金は、上表の金額の半額とする。なお、判定基準を変更する場合は、新たに適合審査の依頼を受けたものとして、上表の金額を適用する。
  • 証明書を再発行する場合の手数料は、一通につき2,000円(消費税別)とする。